About 金門湾とは

金門湾株式会社は、
台湾と金門の文化や特産品を世界に発信しています。
日本国内ではまだ入手しにくい金門高粱酒をはじめ、
歴史や観光案内等いろいろな情報と
共に紹介していきます。
皆さまと楽しく交流できれば幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

金門島
台湾ののどかでありながら重要な島

金門高粱酒が造られている金門島は、台湾海峡を挟んで中国の厦門までわずか数キロという位置にある島です。
その為に、中国の歴史において重要な島で、国共内戦時代には戦闘の最前線であったこともあります。
現在でも戦争の跡は残っていますが、観光客向けに開放されたりして、島全体はとてものどかで、人々は素朴で人懐っこく皆さんを迎えてくれます。

世界の要人との宴席でも
用いられる金門高粱酒

金門島のいたるところでは、金門高粱酒の原料である高粱の広大な畑が広がっており、亜熱帯海洋性気候のおだやかな陽光の中で、高粱がゆらゆらと揺れているのを見ることができます。
高粱は金門の大切な作物ですが、金門で高粱を醸造して高粱酒を造っているのが金門醸造所です。
金門醸造所の金門高粱酒は、中国から台湾へ来た旅行者には「台湾三宝」のひとつとして、阿里山、日月潭とともに称えられています。
金門高粱酒は、台湾で最もポピュラーで長年トップシェアを占めているだけでなく、台湾の政財界のトップが世界の要人との宴席で必ず選ぶお酒です。

環境、原料、製法
すべてにおいて最高の条件で製造

金門高粱酒は、水、原料、空気、気候という酒造りには欠かせない四大条件に恵まれた金門島の土地の賜物と言えます。
爽やかな海洋性気候で育まれた良質な高粱の特選麹を原料にして、花崗岩帯のミネラル豊富な地下水を使用し、金門醸造所特有の坑道で貯蔵して熟成させることで、金門高粱酒ならではの薫り高い風味が生まれます。
金門高粱酒の泉のように透き通った透明感と芳香が魅力の爽やかな味わいは、創業以来の製法を忠実に守り、製造のすべての過程において厳しく細やかな気配りから生まれます。

数々の賞を受賞した、
金門島の人々の誇り金門高粱酒

金門高粱酒は、金門島の人々の誇りです。
金門醸造所は1952年の創業から絶えず品質改良と新製品の開発を続けてきており、販売量は、現在では年間2000万本を超え、台湾、中国だけでなく世界中で認められるようになりました。
2016年と2017年には、2年連続でサンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞しました。

Company 会社情報

会社名 金門湾株式会社
本社所在地 〒441-3422
愛知県田原市赤石6-38A103
東京倉庫 〒130-0026
東京都墨田区両国2-1-5 第二鈴木ビル2F
台湾事務所 金門県科羅湾21-1号
設立 2015年4月
電話番号 03-5972-1380
FAX番号 03-5980-7862
資本金 8,000,000円