Blog 金門湾便り

  • 蜜香紅水烏龍茶とは

    台湾の食品

    金門湾では、最近【芯仙茗堂】の茶葉を取り扱い始めましたが
    その中の一つでもある黄色い缶に入った【蜜香紅水烏龍茶】というお茶
    これは一体どんなお茶なのだろうか……?

    漢字を一つ一つ見ると、とてもいい香りのする烏龍茶のイメージを持ちますが
    日本人からすると、馴染みのない烏龍茶ですよね。

     

    蜜香紅水烏龍茶

     

    烏龍茶の茶葉で作った台湾紅茶
    蜜桃や柑橘のみずみずしい香りと、薔薇のフレーバー
    蜜のような甘い香りと、とろけるような後味が続きます。

     

     

    蜜香紅水烏龍茶

     

     

    烏龍茶の茶葉で作った紅茶のため、より深い味わいを楽しめそうですね。
    ですがこの蜜香紅水烏龍茶の濃厚な香り、どこかで似たような香りを嗅いだことがあるような…?

     

    それもそのはず
    「蜜香紅水烏龍茶」はあの「東方美人茶」と同じ製法です。
    この濃厚な香りの秘密は、茶葉の製造方法にあり、この製造方法は、無農薬ではないと作れません。

    虫に葉を噛ませることで、葉は生命維持のため特有な蜜の香りのする物質を作り出します。
    これは、紅茶の王様ダージリンとも同じ製法で伝統的な茶葉の製造方法でもあり
    この噛まれた茶葉は発酵することで、蜜のような甘い香りへと変化するのです。

    また噛まれた茶葉ではなければならないので、一つ一つ茶葉を厳選しなければならず、手を抜きようのない製造方法でもあります。
    無農薬かつ茶葉の厳選作業など、数々の手順を乗り越えて大切に育てられたお茶の味は絶品です。

     

     

    ■【芯仙茗堂】茶師の手技製茶 雲南オーガニック蜜香紅水烏龍茶(100g/缶入)橙
    【芯仙茗堂】茶師の手技製茶 雲南オーガニック蜜香紅水烏龍茶(100g/缶入)橙