Blog 金門湾便り

  • 春節の過ごし方

    台湾のこと

    旧正月

    今年の旧正月は1月25日!
    本日1月24日は台湾では大晦日にあたり、25日から旧正月を祝う春節の期間に入ります。
    1年の中で最も重視されているこの期間に、台湾ではとある習慣があるのだとか
    今回は旧正月の過ごし方をお話ししていきたいと思います。
    なんと台湾では、旧正月から1日目2日目と日ごとに過ごし方があるのです。

     

    旧正月はお掃除禁止!

     

    お掃除

    まず1日目
    旧正月にあたるこの日は、掃除をしないようにと言われています。
    もちろん大晦日の大掃除は台湾でもありますので、
    全く掃除しないなんてそんな羨ましいことはもちろんなく、日本と同様に大掃除があります。
    ただ、旧正月始まってからの掃除はしないようにしているのです。

    それは1年間の福を外に出さないようにするため、ゴミも外に出さないようにします。
    日本でもお正月に、服を洗濯してしまうと福が逃げてしまうなんてのもありますものね。

    あと悪い言葉を使わないようにする!なんてのもあるそうです。

     

    なくなりつつある習慣

     

    旧正月のお祝い

    2日目:お嫁さんの実家に行く日
    当社にいる台湾人の部長から聞くには
    「この日は、お嫁さんの実家に一緒に帰る日なんですよ」
    とのことで毎年ご挨拶に行ってるとお話ししていました。
    ですが、もうこの習慣をやっているご家庭はあまりないようです。

    3日:外に出ない
    台湾では「初三睡到飽」といった、ことわざがありまして
    「朝から夜まで寝ていた方がいい」という意味なのですが、まさしくそれでして
    福が出ていかないよう、この日は外に出ない方がいいといわれているのです。

    ですが2日目同様に、この習慣はほぼなくなっているようです。

     

    感謝の気持ちを込めて

     

    感謝

    4日目:お台所の神様に感謝
    この日はお台所の神様に感謝する日でもあり
    食に関して重要な役割を持つ台所を有り難むように伝えられています。

    5日目:通常営業開始!
    さてこの日は旧正月の期間が終わり、会社がスタートする日です。
    お正月中に溜まったゴミもこの日に出します。
    この日まではゴミを捨てないように言われているのは、もちろん福を外に出さないのもありますが
    何よりこの1日目~4日目までに出たゴミは金運があるため、家に置いておくことでご利益を得るともいわれており、5日目に感謝してゴミを出すそうです。

     

    宝船

    ちなみに
    旧正月の大晦日には火鍋や餃子を食べるのですが
    餃子を食べる理由として、
    餃子の形は宝船に似ていることから、金運が上がるとされ大晦日に餃子を食べられているのだとか。
    日本人の私からすると餃子の形なんて全く考えたこともなかったので、確かに言われれば似てるかも!と餃子の見方が少し変わりました

    そして台湾人の部長から聞いたところ
    「旧正月は、ほとんど火鍋を食べて過ごしますよー」
    とのことで大晦日の火鍋を繰り越して、旧正月にも食べたりもするそうです。
    日本でも、お雑煮やおせち料理を日を跨いで食べることもありますものね。

     
     

    ちなみに、台湾のお正月は2つあって
    明日に控える旧正月は2つめのお正月なのです。
    1つめの正月についてはこちらの記事で詳しく記載しています!▼

    台湾のお正月
    ・台湾のお正月は二つある?
    https://kinmenbay.co.jp/2020/01/08/p1940/

    その他の旧正月についての記事はこちら▽
    ・旧正月から15日目「元宵節」
    ・台湾の旧正月 お年玉事情





    それでは中華圏の方々様
    よいお年をお過ごしくださいませ!