Blog 金門湾便り

  • 台湾の成人式

    台湾のこと

    新成人の皆様へ

    新成人の皆さま、ご成人おめでとうございます。
    心からお祝いとお慶びを申し上げます。

    金門湾株式会社では、皆様のこれからを応援しています。
    これからの日々が笑顔あふれる楽しいものでありますよう願っております。

     

    成人の写真

     

    先日1月13日は成人式でしたね。
    人生で重要な節目、一生に一度の晴れの日でもあります。
    ピッと着こなしたスーツ、袴を羽織った渋い後ろ姿
    煌びやかな振袖を着こなす色とりどりな女性たち、どの方もとてもキラキラしていましたね。
    私は成人したときは、やっとみんなでお酒が飲めるんだな~なんて考えたものですが。
    二十歳という節目で身が引き締まるような気分を味わう人も多いのではないでしょうか。

     

    成人式

     

    さて、お隣の国の台湾でも同じく成人式は行われているのでしょうか?

    残念ながら台湾では、日本のように盛大なお祝いをしたりせず、成人の日の祝日自体ありません。
    ですが台湾にある複数の伝統文化の一つに、台南市では16歳の成人式が執り行われます。
    16歳で成人って若い…!日本の感覚からしたら高校1年生ですよね?

    ですがこの成人式、成人になったお祝いの式というわけではないのです。
    台湾の法律的には20歳以上が成人と定められているので・・・!!!

     

    じゃあなぜ…その年齢で成人式を……?!

     

    台湾の成人式

    引用:http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201508200007.aspx

     

    台湾では昔、子供は16歳になると賃金をもらえる決まりがあり、成人になると宴でみんなにお知らせしたのが始まりでした。
    そのため16歳で成人式を開く伝統的な文化が残っており、お祝いごととして根付いているのです。
    日本でも義務教育は中学生までですし、高校生になったらバイトOKですものね。
    つまりこの日は成人を祝う日ではなく、昔の文化を習って
    16歳の皆さんに、成人に向けて励もうと激励する日でもあるのです。

     

    七夕

     

    日本の成人式は1月の第2月曜日となっていますが、台湾の成人式は旧暦7月7日。
    この日は七夕でもあり、子供の守護神でもある七星娘娘の誕生日でもあるため、
    台湾の台南ではこの日に16歳の成人式を行います。

    ちなみに台湾では
    18歳以上で飲酒、喫煙、ビンロウが認められます。

     
    台湾の七夕について▼
    台湾の七夕 ~七夕情人節~
    https://kinmenbay.co.jp/2019/07/04/p1222/
     
    ビンロウについて▼
    台湾の交通事情③ タクシー編
    https://kinmenbay.co.jp/2019/07/12/p1214/