Blog 金門湾便り

  • 台湾の交通事情② バス編

    台湾のこと 台湾語

    今回は前回に引き続いて、
    台湾の交通事情についてお話していきますね

    ①台湾の電車編(MRT)の記事はこちら>>
    ②台湾のバス編
    ③台湾のタクシー編 の記事はこちら>>

    今回は台湾のバス事情をお話ししていきます。

     

    台湾のバス

     

    台北・台中・高雄などは複雑な路線が多いため注意が必要ですが
    バスはMRTの乗り継ぎも便利で、「紅16」など色を表す文字と番号が付くバスはMRTに接続する路線なので、
    各路線のどこかの駅に必ず停まります。道に迷ったときに心強いですね!
    色はMRT各路線のイメージカラーで、バスの車体も同色です。
    また、バス停に「捷運○○站」という名称は、MRT駅と接続しているバス停です。

     

    茶 / 文湖線紅 / 淡水信義線緑 / 松山新店線

    橘 / 中和新蘆線藍 / 板南線

    Taipei Metro official map 2019 optimised.png
    By Own work derived from that of Taipei Rapid Transit Corporation – Optimised image of http://web.metro.taipei/img/all/metrotaipeimap.jpg, Attribution, Link

    市内バスは全区間同一料金が多いのですが、長い路線は料金が2~3区間(2段3段)となっています。
    日本でもバスの停車間で料金が徐々に上がっていきますよね。

     

    切符

     

    1段票、2段票…とは??
    1区間、2区間に伴って料金を支払う回数と覚えておけばOKです。

    ・全区間同一料金のバス切符は1段票
    この場合は1回支払えばよいので、料金が先払いか後払いかをよく見てから乗車しましょう。
    先払いの場合(上車収票)、後払いの場合は(下車収票)とあります。

    ・2区間を走るバス
    区間によって支払い方法が異なりますが、2段票の場合は2回支払わなくてはなりません。
    1.乗る時に1回(15元)
    2.降りる時に1回(15元)

    ・3段票
    2区間よりも長い距離乗っていた際にあります。
    これは2区間同様、乗り降りの時に2回支払います。
    2回目の料金が長距離を移動した分異なります。
    1.乗る時に1回(15元)
    2.降りる時に1回(30元)

    乗ったバスの行き先に不安がある場合、この台湾語のメモを運転手さんに渡して使ってみましょう

    ××に行きますか? 請問有到 ×× 嗎?

     

    市内バスはおつりをもらえないんですよ!!

     

    お財布

    運転席横の料金箱にコインを入れるのですが、おつりを出すシステムがない!!(怒)
    ですので紙幣や20、50元コインではおつりを貰えることはありません…
    乗車時に料金分のコインを用意しておくか、悠遊カードなどのICカードを購入しておくなど対策が必要ですね!

    ①台湾の電車(MRT)
    悠遊卡(Easycard)について、詳しくはこちらの記事から>>

     

    乗車時は乗りますとアピール

     

    バスを停めよう

    何種類の路線が止まるバス停でも、1路線しか止まらないバス停でも
    乗りたいバスが来たときは、タクシーのように手をあげる必要があります
    手をあげていないと、乗車希望ではないとみなされバスは素通りしてしまいますのでご注意を…
    最近は専らそんなことはなくなったとは営業部長は言いますが、心配なので旅行した際には手をあげて乗車希望とアピールしましょう。
    そして、乗車の際には先払い(上車収票)か、後払い(下車収票)に注意しましょう!

     

    降りる際は素早く!

     

    素早く

    日本と同じく、各バス停が近づくとアナウンスが流れ、
    電光掲示板に次のバス停の名前が表示されます。
    降りたいバス停の名前が表示されたら、ブザーを押しましょう。

    しかし日本のように停車してから降車の準備をしていると、運転手が待ちきれずに発車することもあるそうなので、降りる際は素早く行動しましょう!
    後払い(下車収票)の場合は、前もって小銭やカードを用意しておきましょう。
    心配な場合は、乗車時に運転手に降りるバス停をあらかじめ伝えておくといいかもしれません。

    ×× に着いたら教えてください 到 ×× 請和我說

     

    ここでも注意、博愛座(優先席)

     

    電車内(MRT)と同じく、バスの中にも同様にお年寄りや障害者用のシルバーシートの博愛座(優先席)があります。
    対象者が来たら譲るのがマナーです、ご注意くださいね。

     

    台湾の交通事情の記事
    ①台湾の電車編(MRT)の記事はこちら>>
    ②台湾のバス編の記事はこちら>>
    ③台湾のタクシー編の記事はこちら>>