Blog 金門湾便り

  • 台湾の交通事情① 電車(MRT)編

    台湾のこと 台湾語

    台湾ブーム今すごいですよね
    そんな台湾ブーム真っ盛りの今、夏に台湾旅行へ行くなんて方も多くいらっしゃると思います
    台湾出身の営業部長のリアルな声と、現地で使える台湾語を交えて
    台湾の交通事情について3回に分けてお伝えしていきますね!

     

    ①台湾の電車編(MRT)
    ②台湾のバス編 の記事はこちらから>>
    ③台湾のタクシー編 の記事はこちらから>>

     

    今回は台湾の電車(MRT)事情をお話ししていきましょう。

     

    台湾のMRT

    日本から飛行機に乗って辿り着く空港のほとんどが、台湾桃園国際空港に着くと思われます。
    そこから直通で、台湾最大の都市「台北」へ直通の電車が通っているので、比較的解りやすく台北へ行けるのです。

    タクシーやバスも空港から出ているのですが、台北へのアクセスは電車が解りやすく簡単でおすすめです。
    桃園から台北は直通のものでも、約30~40分で着けます。

    駅までの道が解らなかった場合、この台湾語を使ってみましょう!

    駅はどこですか? 捷運站在哪裡?(ジエユィン ザイナリィ)

    飛行機に乗ってさらに電車に乗ってと大変ですが、日本と違った雰囲気や空気を感じ取っているうちに台北に到着しているでしょう。

     

    コインの形の片道切符

    切符は、日本と同じく発券機を使って購入することができます。
    発券機は言語選択で日本語を選択することができます。券売機の上にある運賃表で目的地をチェックしましょう。
    台湾の切符はコインの形をしている、ICチップが中に入ったトークンです。

    Taipei MRT New IC Token 01

    入るときはSUICAのようにトークンをかざし
    出る時はコインを入れる回収口が各改札口にあるのでそこにいれます
    改札に自動販売機のようなコインを入れる部位があるのは、日本ではまず見ないのでお見逃しなく(笑)

     

    台湾版SUICAのICカード

    また、悠遊カード(easy card)という
    日本のSUICAやPASMOと同じような、電子マネー形式のICカードがあります。
    カードの購入には100元(約300円〜400円)必要になりますが、
    運賃が2割引きになりお得に乗車できます、カード返却で払い戻しもできるのでおすすめです。
    自販機・窓口・コンビニからも購入することができます。

    悠遊卡

    「悠遊卡(よーよーか)」
    https://www.easycard.com.tw/

    電車だけではなくバスでも使えます。
    さらにこの悠遊カードのマークが付いているところなら、コンビニでもスーパーマーケットでも使用することができます
    チャージはMRT駅の他に、セブンイレブンなどのコンビニでも可能です。

    購入の際には、発券機もありますが
    入国してすぐ近くにある【桃園機場捷運服務】というところで、口頭で購入することもできます。
    購入の際には日本語翻訳された紙を元に案内されるので、比較的に簡単に購入・チャージすることができます。

    払い戻しの際には伝え方が難しいと思われますので、こちらの台湾語をお使いください

    払い戻ししてください 我想退卡(ウォー シャン トゥイ カ)

    悠遊卡(期間限定)
    こちらは、営業部長の悠遊カードです。
    右端が折れちゃってますが(笑)
    普通のカードの他にも様々なデザインのものがあります、こういった期間限定のデザインもありますので探してみると面白いかもしれませんね。

     

    ラッシュ時は避けましょう

    ラッシュの写真

    ラッシュ時は非常に込み合いますので、電車を乗る際にはその時間帯を避けた方がよいですね。
    時間帯は日本の感覚と同じく
    通勤ラッシュは7:00~9:00、
    帰宅ラッシュは17:00~19:30となります。

     

    飲食禁止!

    食べる飲むはダメ

    MRTでは電車内でも駅のホーム内でも、基本飲食は禁止されています。
    飲み物を飲んだり、ガムやアメを口にするのも禁止されていて罰金に科せられることがあります。
    持っているだけなら大丈夫なのですが、うっかり口にしてしまわないように気を付けた方がいいですね。
    ですが、新幹線内では長距離の移動のため食事をしてもよいとのことです。

    台湾出身の営業部長は日本の習慣に慣れてしまっていたため、うっかり飲み物を飲んでしまったことがあったそうです
    当時は罰金までに至りませんでしたが、やはり周りから怪訝な顔で見られたのだとか

    MRT内では、飲食はしないようにしましょう。

     

    博愛座(優先座席)には注意

    優先席

    博愛座は日本でいう優先席と同じく「シルバーシート」です。
    お年寄りや妊婦さん、身体障害者などが座れる席なので
    対象者が来たら譲るのがマナーです。
    こういった背景には、台湾では若い人がそういった方に席をゆずる習慣が根付いているからとの話をよく耳にします。

    台湾出身の営業部長曰く、譲る習慣というよりかは
    どちらかというと、怖いからといった気持ちの方が強いのだとか…笑
    優先席に座っている写真をネットに上げられるなんてこともあるようなので…
    日本でも最近ありましたが、普通の席でも「若い人が席を譲らない」とお年寄りがもめる事が台湾でもあったそうです。

    博愛座(優先座席)には注意が必要です。

    台湾の交通事情の記事
    ①台湾の電車編(MRT)の記事はこちら>>
    ②台湾のバス編の記事はこちら>>
    ③台湾のタクシー編の記事はこちら>>