Blog 金門湾便り

  • 末永く~

    台湾のこと

    敬老の日

     

    2018年10月17日は旧暦9月9日にあたります。
    台湾では旧暦の9月9日は「敬老の日」なのです。

    なぜでしょう?
    旧暦の9月9日といえば陰陽思想の「陰と陽」が重なる日「重陽節(ちょうようせつ)」

    と書き始まると諸説あるとなってきてしまい本題からずれてしまいますので
    興味のある方は「陰陽道」等で調べてみて下さい。

    では本題に戻ります。
    台湾で旧暦9月9日が「敬老の日」になったのはそんなに古い話ではないそうです。
    数字の「9」は「久」と読み方が同じで「末永く」等の意味と同じだということから
    「9」が2つもある9月9日は「重陽節」でもあり「敬老の日」になったのだとか。
    縁起の良い数字から誰かに感謝したりお祝いしたり。
    何かをきっかけにお互いを大切にしたり、言葉遊びのセンスあったり、素敵だなぁって思います。

    家族みんなで過ごして日頃の感謝を伝えたり、そんなふうに過ごすのだとか。

    もちろん「末永く」ですから!結婚式も多いらしいですね(調べたら出てきました)
    なので、皆様も「末永く」幸せにお過ごしくださいね。